Windows8の評価 便利機能・新機能

Windows8の評価や新機能、コミュニケーションツールとしての魅力を紹介

Windows8の評価・感想

Windows8の評価・感想は上々。Windowsは新作が出るたびに不評が先行し、ある程度時期が経ってから評価が上がるというパターンが多い。中には終始不評な評価で終わってしまうWindowsも有るが、評価・感想の最大の要因となるのは「使用感・慣れ」だ。

Windows8はWin7やVistaとインターフェースががらりと変わった印象が強いが、実際にはWindowsXPからVistaに変わった時よりはスムーズに乗り換えれるだろう。大きな違いはスタートメニューだけなので、デスクトップやエクスプローラ等の評価はWindows7と変わらない。

Win8のスタート画面の評価は「実に秀逸」という言葉に尽きる。スタート画面だけに限っては過去のWindowsとは一新されているので当然違和感が先行するだろうが、2~3時間も使えば評価はガラリと変わるだろう。

OSの起動時間が格段に早くなったのも高評価!VistaからWin7に変わった時も起動の速さに驚いたが、Win8はそれを圧倒的に凌駕していた。早い、とにかく早い。元々Windows7にもSSDを積んでいたので起動は40秒弱という感じではあったが、Win8は20秒程度で起動できてしまう。

カスタマイズ次第では更に評価できるOSになる。