Windows8の評価 便利機能・新機能

Windows8の評価や新機能、コミュニケーションツールとしての魅力を紹介

Windows8、スタートボタンと昔のスタートメニューへの変更方法

Windows8のスタートメニューはメトロスタイルとなっていて、タッチパネルで直感的な操作が可能になっている。慣れてしまえばマウスの操作でも各種ランチャーみたく便利に使用できるけれど、どうしても旧Windowsのスタートメニューが良いという人は旧スタートメニューにカスタマイズすることが出来る。

どうやらレジストリを弄るだけで旧スタートメニューに変更できるバージョンとそうでないバージョンが有るらしいので、レジストリが見つからないという人は下記のソフトをインストールすればクラシックスタイルのスタートメニューに変更することが出来る。

レジストリで旧Windowsのスタートメニューに変更する方法は、「スタート画面」で「regedit と入力」してレジストリエディタを開く。
[HKEY_CURRENT_USER]→[Software]→[Microsoft]→[Windows]→
[CurrentVersion]→[Explorer]→[RPEnabled] の値が1になってるので0に変更すればカスタマイズ完了。

上記の方法が使えない(レジストリが無くなってるバージョン)の場合は各種フリーソフトを使えばカスタマイズ可能だ。

Classic Shell 3.6.2J
XPスタイルとVISTA/Windows7スタイルの2種類のスタートメニューに変更することが可能。

秀丸スタートメニュー

スタートボタンを使わずともデスクトップ画面右下(メトロスタイルのスタートメニューを出す場所)を右クリックするとコントロールパネル等にアクセスが可能だ。