Windows8の評価 便利機能・新機能

Windows8の評価や新機能、コミュニケーションツールとしての魅力を紹介

Windows8のスタートアップについて②スタートアップの設定方法

Windows8で昔ながらのスタートアップを設定したい場合はどうしたらよいか!?

別ページで紹介したSkip Metro Suiteというアプリを使用する。このアプリはWindows8が起動されると、スタートメニューをスキップしてデスクトップ画面を表示するというソフトだ。従来のスタートアップがデスクトップ表示後でないと機能しないというのであれば自動でデスクトップ画面を表示させてやればいい。

スタートアップの設定は過去のWindowsより少々面倒で、直接Cドライブ下のスタートアップフォルダにショートカットを入れこまなければならない。スタートアップフォルダは隠しフォルダ内に有るのでフォルダオプションの設定で隠しファイルやフォルダを表示する設定にしておく必要がある。

[Cドライブ]→[ユーザー]→[(ユーザー名)]→[AppData(隠しフォルダ)]→[Roaming]→[Microsoft]→[Windows]→[スタートメニュー]→[プログラム]→[スタートアップ]

このフォルダにショートカットを入れておけばデスクトップが表示されてから10秒後に順次スタートアップに登録されたアプリケーションが起動される。