Windows8の評価 便利機能・新機能

Windows8の評価や新機能、コミュニケーションツールとしての魅力を紹介

Windows8で絶対やるべきカスタマイズ②

メトロスタイルのスタートメニューに簡単なカスタマイズを施すことであっという間にWindows7以上の使い勝手を実現できるWindows8。どうカスタムするかというと答えは一つ。

メトロスタイルのスタートメニューにマイコンピューターやコントロールパネルを初め、Windows7以前のOSのスタートメニューに表示されていたショートカットのタイルを配置するだけだ。

各種タイル(ショートカット)の配置方法は至ってシンプル。スタートメニューの画面で「コンピューター」とタイピング「コン」とタイピングした時点でコントロールパネルとコンピューターのリンクが表示されるのでそのアイコンを右クリックし、画面下部に出てくる「スタート画面にピン留めする」を押す。するとスタート画面にそのショートカットのタイルが表示されるので、好きな位置にドラッグ(移動)させるだけ。

これで今までスタートメニューに有ったマイコンピューターやプログラムファイルフォルダ、コントロールパネルなどのショートカットを初め、その他いろいろとカスタムすればWindows7以前のスタートメニューよりも遥かに直感的で便利なスタートメニューに生まれ変わる。

Windows8のスタートメニュー画面はすなわち「キーボードのスタートボタンを押すだけで、ワンタッチで表示が可能なランチャー」である

不便どころか便利なのである!今までランチャーを使っていた人も、そうでない人も設定をカスタマイズする事でよく使うファイルやアプリにアクセスが容易!デスクトップ画面が2枚あると言っても過言ではない。