Windows8の評価 便利機能・新機能

Windows8の評価や新機能、コミュニケーションツールとしての魅力を紹介

Windows8で絶対やるべきカスタマイズ①

メトロスタイルのスタート画面がウリのWindows8は、メトロスタートメニュー画面をカスタマイズし使いこなさなければWindows7はおろか、WindowsVistaよりも使いづらいOSとなってしまうだろう。まずはメトロスタイルのスタートメニューがどういったものか、どういう使い方をしてどういうカスタマイズを施せば使いやすくなるだろうかを知る必要がある。教えられてしまえばすぐにでもWindows8は便利と実感できるかもしれないが、教えてくれる人が近くにいない場合は色々と慣れるまでに時間が掛り、面倒になって投げ出してしまう可能性もある。

まず覚えてほしいのが「メトロスタイルのスタート画面(メニュー)は画面上でキーボードをタイピングすると、そのタイピングに沿ったアプリやファイルのショートカットが表示される」ということ。たとえばコマンドプロンプトを起動したい場合は「cmd.exe」というファイル名や「コマンドプロンプト」というツール名の頭文字で検索可能なので、「cm」や「コマ」等タイピングすれば一覧に表示される。

この検索はキーボードのスタートボタンを押すだけで使えるのですごく便利。スタートメニューのタイルのカスタマイズも非常に捗る。

ちなみにWindows7以前のOSでスタートメニューを出す方法はキーボードのスタートボタンを押すか、タスクバー左端にあるスタートボタンをクリックするわけだが、Windows8にはタスクバー上のスタートボタンが無い。しかし、ボタンは無くなってもマウスを画面左下に持っていくとスタート画面のサムネイルが表示されるのでそのまま(画面の一番左下を)クリックするとスタートメニューが表示される。つまりスタートメニューを出すボタンは視認的には無くなったように見えるけれど画面左下の見えないところに存在しているということで安心だ。