Windows8の評価 便利機能・新機能

Windows8の評価や新機能、コミュニケーションツールとしての魅力を紹介

Windows8 Media Center Packのプロダクトキーで海賊版が正規ライセンス認証

2013年1月31日まで無料で発行してもらえるWindows8 Media Center Packのプロダクトキーで海賊版Windows8を正規ライセンス認証させることが出来る。このプロダクトコードはメールアドレスさえあれば誰でも無料で発行して貰う事が出来るのでWindows8PROユーザーは勿論のこと、今後Windows8のパソコンを購入する予定がある人も取りあえず発行しておくことをお勧めしたい。

海賊版を使わずともWindows8は1200円でアップグレード版を買う裏技も有るので3300円のアップグレード版を買おうと思っている人はコチラの記事を参考に更なる割引価格で購入することをお勧めする。

海賊版のWindowsを正規ライセンスとして認証する方法は、偽のボリュームライセンス用KMSサーバーというものを使う手法が一般的らしい。

ただ、KMSによる認証は有効期限があるのでその旅にクラックしなければならないのだが、Windows8 Media Center Packを使いアップグレードすると海賊版のプロダクトキーがWindows8 Media Center Pack正規版のプロダクトキーと挿げ変わるので正規のWindows8ライセンスとして認証されるらしい。

他にも、KMSを使わずインストールの時点で適当なプロダクトコードを入れてインストールを完了させWindows8 Media Center Packのプロダクトキーでアップグレードするとコレでも正規のWindows8として認証を通過できるらしい。

あくまでWindows8 Media Center Packのプロダクトキーの無料配布・有効期限(アクティベート期限)は2013年1月31日までの期間限定なので、とりあえず発行しておくのがベターだろう。

アクティベート期限という表記で疑問なのが、2013年1月31日以降にOSを再インストールした場合はWindows8 Media Center Packのプロダクトキーは2度と使えないのだろうか?それとも1月31日以前に一度でもアクティベーションを行ったプロダクトコードに関しては永年使用が可能なのだろうか?

こればかりは2月以降になってみないと解らないので、念のためにもいくつかプロダクトキーを取得した人はOSの再インストールを複数回繰り返し、各プロダクトコードを一度筒アクティベートしアップグレードしておいた方が良いかもしれない。

尚、このページは海賊版を推進するものではなく、Windows8 Media Center Packを幾つか持っていればいずれWindows8PROの新しいパソコンを自分や知人が買ったときなどに無料でDVDを再生できるようにアップグレードが出来る。DVD再生機能の無償配布用としてお勧めしたい。