Windows8の評価 便利機能・新機能

Windows8の評価や新機能、コミュニケーションツールとしての魅力を紹介

スカイプとメッセージングのまとめ

現状でWindows8のコミュニケーションツールを使う場合に最適な方法はどれか?「メトロ版スカイプ」「スカイプ6.0」「メッセージング」と3つある定番アプリはスカイプ6.0の仕様が群を抜いて評価できる仕様となっており、便利さも段違い。

「メトロ版スカイプ」はスカイプとメッセンジャーが使えるもののファイル送受信や音声・ビデオチャットが出来ない。

「メッセージング」はフェイスブックとメッセンジャーが使えるもののファイル送受信や音声・ビデオチャットが出来ない。

「スカイプ6.0」はスカイプとフェイスブック、メッセンジャーも使え、ファイル送受信や音声・ビデオチャットも出来る。フェイスブックに関してはタイムライン(フィード)も読める。

こうなっているので現状ではメトロ版のskypeを使用するのではなく、skype6.0は必須の選択と言える。

スカイプ6.0をインストールし、MSNアカウントと連携した場合、その後のログインはMSNアカウントで行う事!連携してもスカイプIDでログインしてしまうとメッセンジャーのコンタクトだけ表示されないでログインすることになる。フェイスブック・スカイプ・メッセンジャーもオンラインにしたい場合はMSNアカウントでログイン。フェイスブックとスカイプだけオンラインにしたい場合は従来通りスカイプIDでログインしよう。

ゆくゆくはWindows Live Messengerは消滅しスカイプに統合されるという事をMicrosoftが発表しているけれど、スカイプIDとMSNアカウントのどちらからでもログインできるという仕様は今後どうなっていくのだろうか。