googleのサービス 便利機能・新機能

googleの評価や新機能、コミュニケーションツールとしての魅力を紹介

モバゲーやグリーなどのソーシャルゲームサイトをChrome拡張機能でやる方法

「Ultimate User Agent Switcher」というchrome拡張機能を使ってユーザーエージェントを偽装すればモバゲーやグリーなど、スマートフォン対応のソーシャルゲームをパソコンでプレイすることが可能。パソコンでモバゲーをプレイするメリットは、なんといっても表示速度の速さである。スマートフォンでのプレイは表示が遅かったりキャッシュが膨大になり不具合が起きて強制終了してしまうなど色々と弊害があるけれど、パソコンのブラウザなら安定してタイムリーなイベントを効率よく消化できる。

「Ultimate User Agent Switcher」でユーザーエージェントを偽装しモバゲーをプレイする方法は至って簡単。chromeウェブストアから「Ultimate User Agent Switcher」という拡張機能をインストールしてユーザーエージェントを選ぶだけ。

インストールされた拡張機能のボタンをクリック
モバゲー パソコン ユーザーエージェント変更

上部の赤文字「今すぐ有効にする!!」の左のチェックボックスをON
モバゲー パソコン ユーザーエージェント変更

ユーザーエージェントをiPhone 4に設定すればモバゲーがパソコンで、クロームでプレイ可能に。

パソコンのブラウザでモバゲーにログインした場合、モバゲーからサインアウトする方法は「http://sp.mbga.jp/_logout」をブックマークに入れてページに飛ぶとモバゲーからログアウトできる。

ユーザーエージェントの変更方法はほかにもchromeのショートカットを編集して行う方法だったり、ユーザーエージェントをandroid2.3やandroid4.0等に設定したりと色々ある。AndoridでもiPhoneでも結局はユーザーエージェントさえ変更できれば良いので現在iPhone5やAndorid4.2等を使用している人でもiPhone4に設定しておけば問題ない。

iPadに設定するとPCサイト風な表示でモバゲーをプレイすることも出来るらしい。